ギターとスマホとSNSと

ギターを始めたい方、久々に弾こうかな?と思っているあなたへスマホやSNSを使っての楽しみ方をお届け!

ギター動画はSNSで拡散しよう!動画再生回数アップのポイント!

ギター動画をアップしたい!または現在アップしているけど、思ったように再生回数が伸びない・・・

そんなあなたへ、SNSでギター動画をより多くの方に見てもらえるポイント(工夫)をお伝えします。

 

私も各種SNSを使っているので、使ってみた感触なども交えてお伝えできればと思います。

Youtube動画再生回数:最高29,753回視聴/Instagramいいね数:最高180 のユーザーです。)

 

以前の記事でギター動画の簡単な編集方法(iPhone)を紹介しています。

yamagish.hatenablog.jp

 

また、ギター動画とSNSの関係についても記事を書いています。

yamagish.hatenablog.jp

 

動画の編集や、ギター動画アップに使うSNSについては上記を参照してください。

それでは早速いってみましょう!

 

 

 

コンテンツは財産

今回はギター動画についての話をしますが、ギター動画以外でもブログやイラスト、各種動画などのコンテンツというのは、財産であると私は考えます。

 

個人が自分の貴重な時間を使って作り上げた「作品」。

今までの時代は音楽で言えばCDだったり、本だったりというコンテンツが主でした。

しかし、このインターネットが主流の時代では、個人のギター動画だってそれに匹敵する、ときにはそれ以上の価値をもつコンテンツだと思います。

 

そのコンテンツを作ったのだから、1人でも多くの人の目に触れ、「良いものは良い」と評価を受け、

世に出ることは素晴らしいです。

 

そんな「世に出る」お手伝いをする、つまりミュージシャンで言えば、音楽作品を作り、広告・宣伝をするのがSNSの役割ではないでしょうか。

 

ギター動画とそれを拡散するSNSの種類

Youtube

おなじみ最大の動画サイトYoutube

Youtubeでは、様々なギター動画がアップされています。結論を言うとライバルが多いです。

動画の編集も非常に高度な編集をされている方がたくさんいます。

 

Instagram

Instagramは「インスタ映え」という言葉が流行ったように写真がメインのSNS

と思いがちですが、意外とギター動画アップをされている方が多いです。

Youtubeと違う点としては、投稿できるのが1分以内の動画なので、1フレーズ(イントロ、ギターソロ)などで気軽にアップできる点です。

 

動画のクオリティはしっかりと編集されている方も多いですが、1発撮りのようなラフなものも多いです。

Youtubeよりはお手軽だと思うので、初めてのギター動画アップにも最適かと思います。

 

Twitter

Twitterもギター動画をアップできますが、上記2つのSNSと違う点はタイムラインの流れが速いということです。

タイムラインの流れが速いということは、それだけ目につきにくいということです。

ただし、それについても対策はありますので、この後お伝えします。

 

Facebook

Facebookもギター動画をアップ可能です。

どちらかというとリアルな繋がりが特徴のSNSなので、不特定多数のユーザーに見てもらう点としては若干力不足なのかなと思います。

ただし、Facebookページを活用することで、不特定多数にもアピールできると思います。

 

ギター動画をSNSへアップする時のポイント

 ①ハッシュタグをつける

どのSNSでもハッシュタグを必ずつけるようにしましょう。

あなたの事を知らないユーザーもハッシュタグを検索して、あなたの動画へたどり着くことがあります。

「#〇〇〇〇〇」

というこれです。

 

注意したいのはSNSの決められた文字数をこえないようにすることです。

Instagramは1投稿につきハッシュタグが30個まで。こえてしまうと、それまで打ち込んだ文字が全て台無しになるので注意してください!

Twitterであれば140文字まで。

その中でいかに効果的なハッシュタグをつけるかを考えていきましょう。

 

TETSUYA NAITOENTRANCEguitar melody cover!!!#njpw #newjapanprowrestling #tetsuyanaito #naito #losingobernablesdejapon #tranquilo #destino #iwgp #tokyodome #新日本プロレス #内藤哲也 #ロスインゴベルナブレスデハポン #トランキーロ #あっせんなよ #guitar #music #rock #fender #stratocaster #ギター #プロレス #instagrammer #followme

 

これは実際にいいねを180もらったInstagramの投稿です。

できるハッシュタグをたくさんつけています。

日本の方だけでなく、海外の方もSNSをやっているので、英語表記もしています。

 

 

②積極的に「いいね」や「フォロー」をする

自分自身の再生回数を伸ばしたい場合、ずっと待っているだけではなかなか伸びません。

自分から積極的に他の方の動画、例えば「ギター動画」のジャンルをアップしている方の動画を見て、

「いいね」や「フォロー」、そして「コメント」をしたりして、交流していきましょう。

 

SNSの良いところはこの交流が気軽にできる点だと思います。

似たような仲間を増やしていけば、それだけ拡散する力も増えます。

 

そして、なによりその交流を楽しむこと。

新たな発見や学びがある場合も多いです。

 

③ギター動画が完成したら様々なSNSで拡散

ギター動画が完成したら、それはあなたのコンテンツの1つです。

納得のいくコンテンツができあがったら様々なSNSへ貼り付けましょう。

「数打ちゃあたる」作戦です(笑)

 

大事なコンテンツをSNSに拡散して「育てる」。

拡散してすぐに再生回数が増える場合もあれば、後々になって再生回数が爆発的に伸びる場合があります。

 

私の場合ですが、

Instagramはいいねや再生回数が伸びるのは投稿してから2~3日の間。

YouTubeは後々に何かきっかけがあって、気づいたら再生回数が伸びているパターンでした。

Twitterでの拡散にはハッシュタグが有効

先ほど、Twitterはタイムラインの流れが速く、工夫が必要と書きましたが、実例を見てみましょう。

 

Twitterでの実際の投稿の画面ですが、工夫としては

①投稿するときに「#やまろっくギター」を必ずつける

②プロフィールコメントに「#やまろっくぎたー でギター動画配信してます」と記載する

そうすることで、初めて自分のプロフィールを見た方でも、過去のタイムラインを遡ることなく、

ハッシュタグをクリックするだけでギター動画を見てもらえます。

 

 まとめ

 私のギター動画をSNSへアップする流れとしては、

・ギター動画撮影

 ↓

InstagramTwitterYouTubeへアップ

 ↓

FacebookにはYouTubeへアップしたリンクを貼る。

 

各投稿には必ずコメントを記載して入れています。

何もコメントが無く動画だけアップされていると、少し寂しいですからね。

 

このようにギター動画を撮影したらSNSで拡散する。

そして、多くの人に見ていただいて、交流する楽しみをぜひ多くのギタリストさんに味わって欲しいと思っています。

 

そしていつか、SNSギタリストを集めてフェスなどできれば楽しいですね!

ぜひギター動画のSNSアップ、チャレンジしてみてください!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

もしこの記事が参考になればポチっとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

 

 この記事を読んでよかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村