ギターとスマホとSNSと

ギターを始めたい方、久々に弾こうかな?と思っているあなたへスマホやSNSを使っての楽しみ方をお届け!

【初心者向け】SNSでギター動画(弾いてみた動画)を投稿する時の手順【撮り方・作り方】

SNSにギターなどの弾いてみた動画を投稿してみたい!

ギターを弾いている方なら1度は考えるのではないでしょうか?

 

「でも、ギター動画を投稿するって機材がたくさん必要なんじゃないの?」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、実はそんなに機材は必要ありません!

私も実際にInstagramにギター動画を投稿しているのですが、最低限の機材で撮影、録音しています。

本記事では私がギター動画を投稿している時に使っている機材を紹介します。

 

私はInstagramでのギター動画投稿をメインにしていますが、もちろんYouTubeTwitterでも応用可能です!

 

私がInstagramでのギター動画投稿をおすすめする理由はコチラをご参照ください。

yamagish.hatenablog.jp

 

f:id:yamagish:20200405113510j:plain

 

Instagramでのギター動画投稿

Instagramに投稿できるギター動画ですが、

・3秒~60秒の動画

が投稿できます。

 

Instagramにギター動画を投稿する時の基本は、曲の一部のみ。

イントロのリフ、ギターソロなど。

 

手軽にギター動画を投稿できる点がInstagramのメリットです。

 

Youtubeでのギター動画投稿

YouTubeでのギター動画は投稿可能時間が長いです。

1曲丸ごとの動画を撮影し、投稿することが可能です。

 

YouTubeでギター動画(弾いてみた動画)を投稿している方は多いので、

参考に見てみると良いと思います。

 

1発撮りだと、間違えたら最初からやり直ししなければいけないので、少しハードルが上がるかもしれません。

専用のソフトなどを使って録音と撮影を分けて編集すれば、少しは簡単に投稿できるかもしれません。

 

Twitterでのギター動画投稿

Twitterでのギター動画投稿時間は140秒です。

2分弱ですね。

 

Twitterでギター動画を投稿しようと思った場合、タイムラインで表示され、流れていくため、

InstagramYouTubeのように後で見返そうと思ったときに大変です。

 

そこでおすすめの方法がハッシュタグの活用です。

自分のギター動画の投稿の際にハッシュタグで「#○○○○○」と入れておけば、

後で見たいときにハッシュタグ検索ができるので便利です。

 

ギター動画投稿の際に必要な機材(初心者向け)

それでは順番に必要な機材を解説します。

 

①ギター本体

f:id:yamagish:20200220160101j:plain

 まずはギター本体。これが無いとギター動画にはなりませんからね。

ギターが無い場合は「エアギター動画」もありだとは思いますが・・・

 

ギター本体はエレキギターでもアコースティックギターでもお好きなほうをご用意ください。

私はエレキギターがメインなので、今回はエレキギターを使う場合で紹介します。

 

スマホ(撮影用)

f:id:yamagish:20200220160336j:plain

撮影用のスマホです。

iPhoneを使っていますが、iPhoneのビデオでも綺麗に撮影することが可能です。

iPhoneでもAndroidでもスマホを撮影用にご準備ください。

 

一番身近で持っているものだと思います。

 

③音源を流すもの(タブレットスマホなど)

f:id:yamagish:20200220160513j:plain

こちらはギターのバックに音源を流したい人用です。

もしバックで音源を流さない場合は不要です。

 

私はiPadからアプリなどで音源を流して、それをバックにエレキギターを弾くスタイルでやっています。

これはタブレットでももう1台のスマホでも、別の音楽プレーヤーでも構いません。

 

ギターアンプ

f:id:yamagish:20200220160846j:plain

アンプは自宅用のもので十分です。

私はYAMAHAのTHR10を使っています。

 

このアンプであれば、外部音源を流すこともできます。

外部音源のあるアンプだと作業は早くなりますので、アンプを今から買う場合などはよくチェックしてください。

 

ちなみにこのTHR10は音も良いしかなりオススメです!

yamagish.hatenablog.jp

 

⑤シールド・ピック

f:id:yamagish:20200220161122j:plain

f:id:yamagish:20200220161136j:plain

シールド、ピックはエレキギターを弾く時に必要なので揃えましょう。

ただ、高価なものでなくて良いです。

 

私が使用しているのもカナレのシールドなのでお手軽なものです。

 

シールドやピック、弦などを買うときはネットが便利でおすすめです。

リンクを貼っておきます。

 

サウンドハウス

 

 

 

ギター動画の投稿に必要な機材はこれだけ!

①ギター

②撮影用スマホ

③音源(タブレットスマホなど)

ギターアンプ

⑤シールド、ピック

以上の機材を紹介しましたが、これはギタリストであれば誰でも持っているものかと思います。

 

今あるものですぐにギター動画をSNSに投稿できます。

思い立ったらすぐにアップできるのがSNSのいいところ。

 

手軽にギター動画を投稿して、それを見て「いいね!」という反応が返ってくると嬉しいですよね!

特にInstagramは高評価(いいね)のみなので、恐れずにトライしてみてください!

(コメントで批判的なものが来たらスルーしましょう(笑))

 

スマホで撮影するやり方

撮影用のスマホは三脚などでアンプの近くに立てると良いと思います。

ちなみに私は三脚すら使っておりません(笑)

 

実際の撮影風景

f:id:yamagish:20200220161938j:plain

このような形でスマホを立てかけて撮影しています。

 

1度、仮で撮影してギターの音量やバックの音源の音量を調節してから、撮影本番に入ります。

音のバランスは結構重要かもしれません。

 

見る側の立場に立って動画を撮影しましょう!

 

実際に撮影した動画はこちら

それでは上記で紹介した機材、撮影方法で私が投稿したギター動画をご覧ください。

全て1発撮りでの撮影です。

 

Instagram

https://www.instagram.com/p/B-x75nljxW6/

Seiichi Yamagishi on Instagram: “TOMOYASU HOTEI POISON guitar solo cover!!! #tomoyasuhotei #hotei #poison #guitar #guitarist #guitarhythm #music #sound #fender…”

 

 YouTube


布袋寅泰『スリル』ギターカバー

 

Twitter

 

Instagramでは動画を加工してカッコイイ感じに仕上げています。

曲のタイトルなどはi Movieのアプリで編集しています。

 

高価なビデオカメラなどではなく、スマホで手軽にギター動画を投稿できるのですぐに始めることができます。

手軽な機材で、手軽に撮影することが継続できているポイントかもしれません。

 

動画編集のスキルがある方はもっとカッコイイ感じに仕上げることも可能だと思います。

 

継続して投稿していくと、見てくれる人(フォロワーさん)の数や、いいねの数が増えていくので、

やりがいにも繋がります。

そして、自分自身の演奏スキルの向上になります。

 

ぜひこれを見ているあなたも、SNSでギター動画を投稿して楽しんでみてください!

 

【参考】

Instagramをより楽しむためのnoteを販売しています!

note.com

 

【初心者おすすめエレキギター

ギター歴20年以上の私が厳選した予算別のおすすめギターです。

ギターの購入を考えている方はぜひご覧ください。

 

■初心者の1本目におすすめ!予算3万円。

note.com

 

■中級者~のセカンドギターにもおすすめ!予算5万円。

note.com

 

<ギターレンタルサービスのご紹介>

「ギターが欲しいけど、買うとなると費用がかかる。」

「ギターを始めたい方のお試しとして」

「憧れのギターを家でじっくり弾いてみたい」

 

そんな方にはギターのレンタルサービスがおすすめ! 

 

1ヶ月~6ヶ月の期間で借りることができ、手順も簡単。

借りたいギターを選んで、情報を入力するだけ!

 

ギターを「買う」のではなく「借りる」という新しい選択肢をご体感ください!

 

\ギターのレンタルサービスが登場!/

ギターで在宅ストレスをぶっ飛ばせ!ギターレンタルの【スターペグミュージック】
 

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村