ギターとスマホとSNSと

ギターを始めたい方、久々に弾こうかな?と思っているあなたへスマホやSNSを使っての楽しみ方をお届け!

エレキギター初心者がまず買うべきエフェクターはコレ!

ギターを始めてある程度弾けるようになってきたら、次のステップとしては

・バンドを組んで練習→ライブ

をしたくなってくるのではないでしょうか。

 

そんな時に必要なエフェクターを紹介します。

これを揃えておけば、バンド練習、ライブまで対応できますので

初心者の方は必見です!

 

 

 

エフェクターとは?

すでにご存じの方も多いとは思いますが、まずはエフェクターとは?というところを説明します。

エレキギターは基本、ギター、アンプ、シールドがれば音が出ます。

クリーンな音から、アンプ側である程度調整すれば、「ギュイーン!」とカッコイイ音も出ます。

 

しかし、このエフェクターがあると、スイッチ1つでクリーンな音と歪んだ音を切り替えることができます。

つまり、これを使えば音作りの幅が広がります。

もちろん、ジャンルによっては、エフェクターを使わずとも成り立つ音楽もありますので、必ず必要というわけではないですが、多くのジャンルではこのエフェクターを使って音作りをしています。

 

エフェクターには色々な種類がありますが、簡単に言うと

「ギターの音色を変える機材」

です。

 

エフェクターの種類

 エフェクターには基本的なものから飛び道具的なものまで様々なものがあります。

・歪み系:オーバードライブ、ディストーション

モジュレーション系:コーラス、フランジャーフェイザートレモロなど

・空間系:ディレイ、リバーブ

ダイナミクス系:コンプレッサー、リミッターなど

・フィルター系:ワウ、ゲートなど

・ハーモニー系:オクターバー、ピッチシフターなど

・ボリューム系:イコライザー、ブースターなど

 

まだまだ種類はあるのですが、初心者がこの中で最低限必要だと思うのが「歪み系」です。

もし余裕があるのであれば「空間系」があると、ギターソロの音づくりの幅が広がると思います。

 

今回は初心者向けということで、「歪み系」「空間系」についてオススメのエフェクターを紹介します。

 

①歪み系

歪み系の中にも「オーバードライブ」「ディストーション」「ファズ」などいくつか種類があるのですが、

大まかに説明すると、

 

オーバードライブ → 滑らかな歪み。アンプを少し歪ませたような自然な音。

ディストーション → エッジの効いた歪み。オーバードライブよりも1段階激しい音。

ファズ → アンプの音量を無理やり最大にしたようなザラザラした歪み。

 

のような感じです。

この中で初心者にオススメするのは「オーバードライブ系」です。

 

これを1つ持っていれば、ある程度のジャンルの音楽には対応できます。

つまりは「万能」ということです。

 

 BOSS OD-3

BOSS OverDrive OD-3

BOSS OverDrive OD-3

  • メディア: エレクトロニクス
 


OD-3 OverDrive [BOSS Sound Check]

何を買ったら良いか本当にわからないときは、これを買いましょう。

ギタリストなら必ず1台は持っているであろうBOSSのエフェクター

その中でもまずこのオーバードライブでしょう!

 

ポイントは先にも挙げたように「万能」という点です。

万能すぎるくらい万能なエフェクター

単体で歪ませればポップスやロックでも使えますし、アンプを歪ませて、さらにこのエフェクターを使えばハードロックなんかの音づくりもできます。

 

私は初心者にはまずこれをオススメします。

 

 BOSS BD-2

BOSS Blues Driver  BD-2

BOSS Blues Driver BD-2

  • メディア: エレクトロニクス
 


BD-2 Blues Driver [BOSS Sound Check]

こちらも今や定番なりつつあるBD-2。

これはプロのミュージシャンの足元にもよくあります。

それだけ信頼されている証拠でしょう。

 

こちらはOD-3よりも若干ザラついた音かもしれません。

より歪みは強いので、これ単体でもかなりのギュイーンといった音が出せます。

私も愛用しています。

 

Ibanez TS9

Ibanez Tubescreamer TS9

Ibanez Tubescreamer TS9

  • メディア: エレクトロニクス
 


TS9 -Tube Screamer-

 アイバニーズのチューブスクリーマー。

こちらも定番です。

 

ミドルが協調されたサウンドで、ギターの存在感を出したいのであればこのエフェクターをオススメします。

特に3ピースバンドなんかでは非常に役立つと思います。

 

歪み系としてはまずこの3つの中から選んでおけば間違いないですし、

何よりギターが上達してからも重宝するエフェクターになると思います。

 

②空間系

次に空間系を紹介します。

空間系にも種類があり大きく2つに分けると

 

ディレイ → 山びこ効果(繰り返し)

バーブ → 残響効果(広がり)

 

となります。

この2つの中では初心者はディレイがあると音作り、特にバッキングとギターソロで音色の切り分けができます。

 

BOSS DD-7 

BOSS Digital Delay DD-7

BOSS Digital Delay DD-7

  • メディア: エレクトロニクス
 


DD-7 Digital Delay [BOSS Sound Check]

やはり初心者に紹介するには安定のBOSS!

実はディレイの種類にも「アナログディレイ」と「デジタルディレイ」があるのですが、

初心者にはアナログディレイを扱うのは少し難しい印象があるので、デジタルディレイを紹介します。

 

 このディレイはクリーントーンで使うと幻想的であり、歪みと合わせて使うと伸びやかなギターソロが弾けます。

このBOSSのDD-7は動画をみていただくと分かりやすいと思いますが、数種類のモード切替ができます。

曲のバッキングで使えるショートディレイから、ギターソロで使えるロングディレイ、そして飛び道具的な使い方もできるので、1台持ってるだけでかなり音づくりが楽しくなりますよ!

 

 tc electronic FLASHBACK2

 


Flashback 2 Delay - Official Product Video

 BOSS以外のディレイでオススメしたいのがこのFLASH BACK。

こちらも非常に高音質で、歪みと組み合わせると伸びやかなソロが弾けます。

 

ポイントとしては、操作性が分かりやすいこと。

ディレイの設定なんかは最初はちんぷんかんぷんという事が多いですが、このFLASHBACKであれば少しの時間触っているとすぐに慣れると思います。

 

歪み+ディレイという組み合わせ

ここまでオススメのエフェクターを紹介してきましたが、プロモーション動画も一緒に貼っておきましたので、

実際に音を聞いてみて、自分のイメージしている音に一番近いものを買うと良いと思います。

初心者のうちは音の良し悪しはなかなかわからないもの。

 

だからこそ直感でも良いと思います。

私はいまだにある程度イメージはしますが、直感でエフェクターを買っています。

 

そして、まず初心者がスタジオやライブをするにはこの「歪み」と「ディレイ」があれば十分だと思います。

クリーントーンはアンプの音

バッキングで歪みをON

ギターソロではディレイをプラス

 

この基本イメージを持って、あとは慣れてきたらアレンジする。

そんなイメージで良いと思います。

 

番外編(マルチエフェクター

実はここで初心者には「歪み」「ディレイ」で十分。他のエフェクターはさておき、という話をしましたが、

実はある程度のエフェクター全部入りの「マルチエフェクター」というものがあります!

 

 BOSS GT-1

 


BOSS GT-1 Guitar Effects Processor

 

このマルチエフェクターは「歪み系」「空間系」だけでなく「モジュレーション系」など他の種類のエフェクターも入っている「全部入り」なんです!

 

じゃあ最初からこれを買えばいいじゃないか!!

と言われそうですが、ギタリストの中にはコンパクト派、マルチ派と別れているのも事実。

 

そしてもちろんマルチエフェクターで色んなエフェクターの種類を知って、そこからコンパクトを揃えていくというのも良いですし、逆にコンパクトで色んなエフェクターを知ってからマルチを買う方もいます。

 

私としては1つ1つのコンパクトエフェクターで特性を知ってからマルチにを買う派なので、今回はコンパクトを中心に紹介させていただきました!

そして、コンパクトエフェクターは揃えたり、足元に並べたりするワクワク感、満足感を味わえるので(笑)

 

どちらが良いとか、決まりはありませんので、あしからず。

 

まとめ

今回はエレキギター初心者がスタジオ練習やライブをするまでに揃えたいエフェクターを紹介しました。

エフェクターの世界は本当に深く、今回は本当に基本的なものだけを紹介しています。

 

1つのエフェクターをきっかけにその世界にのめりこんだ人は何人もいます。

でもみんな最初はどれを買ったら良いかわからないところからスタートしています。

 

なので、このブログを参考にしたり、楽器屋さんに恥ずかしがらずに色々聞いてみるのもオススメです!

 

エフェクターを買う時のワクワク感を1人でも多くの方に味わっていただきたい。

そして、音楽生活をとことん楽しんで欲しいと思います!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。