ギターとスマホとSNSと

ギターを始めたい方、久々に弾こうかな?と思っているあなたへスマホやSNSを使っての楽しみ方をお届け!

【YAMAHA】自宅用ギターアンプはTHRシリーズがおすすめ!【レビュー】

自宅でエレキギターを弾くときは、ギターアンプがあると便利です。

最近はPCやiPhoneにギターを接続して弾くこともできますが、ギターアンプからの音はやはり格別!

 

今回は、自宅でエレキギターを弾くときおすすめのギターアンプを紹介します。

 

 

YAMAHA THRシリーズ

YAMAHAのTHRシリーズは「ステージ以外」の様々なシーンにおいて快適な演奏環境を実現する新コンセプトのギターアンプ

大型アンプの持つレスポンス、優れたエフェクト、ハイファイなステレオサウンドをコンパクトなボディに搭載しており、ステージを離れてもいつでもギターを弾いていたいギタリストのニーズを満たします。

公式HP:https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/guitars_basses/amps_accessories/thr/index.html

 

このTHRシリーズのポイントが「ステージ以外」の場所で使うことを想定されたアンプであるということ。

「ステージ以外」つまり「自宅での使用に特化している」ということです。

 

自宅でより良い音でギターを楽しんでもらえるよう設計しており、

数々のミュージシャンからも「音がいい」と絶賛されています。

 

自宅でのエレキギター練習の悩み

自宅でのエレキギターを練習する場合の悩みは何でしょうか?

 

・アパートだから大きな音が出せない。でも小さくても良い音で練習したい。

エフェクターを使いたいけど、自宅でセッティングするには狭いし、面倒。

スマホなどの音源を鳴らしながら、ギターを弾きたい。

 

こういった悩みがあると思います。

それがTHRシリーズのギターアンプでは全て解決してくれます!

 

THRシリーズの特徴

リアルなアンプモデリング

YAMAHA独自の「VCMテクノロジー」を駆使した、新開発のアンプモデリングを搭載。

トーンノブの挙動や、マスターボリュームを上げた時のパワー菅の歪みまでリアルに再現。

 

デジタルエフェクト内蔵

ヤマハハイエンドミキサーにも採用されている高品質なディレイ・リバーブとVCMテクノロジーによりヴィンテージサウンドを再現したコンプレッサー・コンプ/コーラス・コーラスの2系統を装備。

 

旧モデルでもアップデートをし、進化する

これは非常に大きいことだと思うのですが、現在THRは新モデルが発売されていますが、

旧モデルでもPCと接続してバージョンアップすることにより進化しています。

 

「スピーカーシミュレーションを改良し、さらに立体的で迫力あるチューブサウンドを実現。

よりクリーンに、より歪むトーンがギタリストの創造力を刺激します。

すでにTHR10、THR5をお持ちの方も簡単にバージョンアップが可能。」

 

VCM AMP MODELS

先ほどから何度か出てきている「VCMテクノロジー」ですが、

世界トップレベルのアナログオーディオプロセッサーを正確にデジタル化する技術のこと。

簡単に言うと、「弾いてて気持ちの良い音が誰でも出せる」。

 

実際に私は「THR10」という旧モデルを使用していますが、今まで使ってきた自宅用アンプと比較しても、

非常に良い音、弾いてて気持ちいい音が出て、ずっとギターを弾いていても疲れない。

大きな音でしか出せないような音が手軽に出るので、本当にオススメです。

 

搭載しているアンプタイプ

CLEAN/CRUNCH/LEAD/BRIT HI/MODERNの順で歪みが増していきます。

歪みはブルース的な歪みから、ハイゲインなサウンドまで作ることができます。

 

また、BASS/ACOFLATというモードがあるので、名前の通りベースやアコースティックギターにも対応しているのが嬉しいところ。

 

THRシリーズ紹介

サウンドハウス

 

THR5

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

THRシリーズの中でもオーソドックスなモデル。

見た目が可愛いので、インテリアとしても置いておきたくなります!

 

見た目は可愛いですが、音は先述のとおり本格的。

これ1台があれば自宅でのギター練習は全て完結すると思うともう買いでしょう!

 

THR10Ⅱ

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

THR5が「5W+5Wのステレオ」に対して、このTHR10Ⅱは「10W+10W」のより出力が大きいモデル。

私はこのタイプを使っていますが、アパートでイヤホン無しでの音でも迫力ある音でギターが弾けます。

 

ちょっとしたイベントや余興であればこのタイプでも十分な音が出ると思います。

 

THR10Ⅱ Wireless

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

こちらは何とワイヤレスのタイプ。

自宅用ギターアンプでワイヤレス搭載は今まで少なかったので嬉しいですよね!

 

自宅でも思いっきり動いて弾きたい!

SNSで弾いてみた動画をかっこよく弾きたい!

そんなギタリストにおすすめです。

 

THR30Ⅱ  Wireless 

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

ワイヤレスの15W+15Wモデルもあります。

さらに大きい出力のものが欲しいときは、こちらがオススメです。

 

 

THRシリーズ専用のケースもある

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

THRのアンプを持ち運ぶときに便利な専用のケースもあります。

自宅以外の場所で弾く場合にはケースがあると安心ですね!

デザインもGood!

 

THRシリーズのギターアンプまとめ

・良い音で快適にギターを弾ける

・自宅用として、インテリアにもマッチするデザイン

・必要に応じて選べるバリエーション

 

THRシリーズは発売当初から話題になり、人気があります。

いまだにその人気が衰えないのはそのルックスはもちろん、音や性能が評価されているからだと思います。

 

私自身もこのTHRシリーズを使ってSNSへ弾いてみた動画をアップしています。

実際に使っている音を聞いていただければその良さが分かると思うので、YAMAHA公式の商品紹介動画と、

私がYouTubeにアップしているTHR10を使ってギターを弾いている動画をアップしておきます。

 

THRシリーズの良さが伝われば嬉しいです!

気になったかたは是非THRシリーズを楽器屋さんなどで試してみてください。

 

YAMAHA商品紹介動画


ヤマハ ギターアンプ「THR-Ⅱ」シリーズ サウンドコレクション

 

THR10を使った弾いてみた動画


HOTEI GUITAR COVER #001

 

yamagish.hatenablog.jp

 

 

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村