ギターとスマホとSNSと

ギターを始めたい方、久々に弾こうかな?と思っているあなたへスマホやSNSを使っての楽しみ方をお届け!

スマホでライブ配信する時にあると便利な機材

近年SNSなどで「ライブ配信」が増えてきています。

配信する側、見る側ともに需要が高まっている中で、スマートフォンスマホ)で配信する際にクオリティを上げる機材を紹介します。

 

もちろん、スマホのみでも十分配信は可能なのですが、

・他の配信者とは差をつけたい

・プロクオリティの配信をしたい

という方には参考になると思います。

 

f:id:yamagish:20200522081321j:plain

 

そもそもライブ配信とは?

ライブ配信」は通常の動画配信とは異なります。

YouTubeなどで様々な動画が配信されていますが、その動画の多くは収録・編集されたものです。

 

ライブ配信」はリアルタイムの配信です。

間違いの修正や編集ができません。

だからこそよりリアルに伝わる手段として人気が出ています。

 

また、もう1つの要因としては通信の高速化、大容量化によるところもあります。

今後5Gという高速、大容量の通信規格が定着してくると、より「ライブ配信」の需要が出てくると思います。

 

主なライブ配信サービス

ライブ配信の需要の高まりにより従来のSNSでもライブ配信がスタートしたり、新たなサービスも出てきています。

 

主なライブ配信サービスとしては

YouTube Live

Instagram Live

Facebook LIVE

LINE LIVE

TikTok

ニコニコ生放送

ツイキャス

・17Live

・Periscope

・LIVE812

などがあります。

 

これらのサービスは有名人・著名人だけではなく、私たちのような一般の人々でも配信ができます。

一般人がライブ配信をきっかけに有名になるケースも増えてきています。

 

ライブ配信に必要な機材は?

冒頭にも書きましたが、ライブ配信に必要な機材はスマートフォンスマホ)があればOKです。

その手軽さも人気の要因の1つだと思います。

 

いつでも、どこでも、だれでもライブ配信ができる環境が今の日本にはあると言えます。

(一部電波が届かない場所は除く)

 

その一方で、配信者にとっては「いかに多くの方に見てもらえる配信をするか」が課題になると言えます。

配信内容が面白い、役に立つと思ってもらえれば視聴者が増えていきます。

 

そして、もう1つ、「配信のクオリティ」も少なからず視聴者を増やす手段の1つになります。

いくら良い配信をしていても、「見にくい」「聴きにくい」と思われてしまっては視聴者が離れていきます。

 

今回の記事ではそんなクオリティを上げる機材を紹介します。

 

ライブ配信のクオリティを上げる機材

ライブ配信のクオリティを上げる機材は具体的に言うと

・マイク

・照明

・オーディオインターフェイス

などがあります。

 

これらを使うことで、あなたのライブ配信のクオリティが上がり、「見やすい」「聴きやすい」ライブ配信となります。

 

次から実際におすすめ商品を紹介します。

商品はリンクから「サウンドハウス」または「イシバシ楽器」にて購入できます。

サウンドハウス

サウンドハウス

石橋楽器店

 

※参考価格は2021年2月25日時点のものです。変更となる場合があります。

 

マイク

スマホにはマイクが内蔵されていますが、外部マイクを接続することにより音質の向上や、雑音が入らないようにできます。

マイクにも様々な種類があります。

 

デスクトップ型

BOYA/BY-PM700SP

参考価格:18,000円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

はじめてのUSBマイクにおすすめのモデル。

パソコンはもちろんスマホにも接続できます。(Lightning - Micro USB/Type C - Micro USB)

セッティングや操作も簡単です。

スマホでの配信やSNS投稿、パソコンでのテレワークなどのクオリティがアップします。

 

ハンドマイク型

SAUMSON/Q2U

参考価格:8,888円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

ライブ配信からリモート会議、歌ってみたなどにも使用できる万能タイプ。

オーディオインターフェイスが無くてもパソコンと直接接続でき、音質も良いと評判です。

迷ったらこれを購入すると良いです。

 

ピンマイク型

BOYA/BY-M3

参考価格:3,600円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

音声配信やインタビューに適しているピンマイク型。

ケーブルの長さは6mあるので様々なシーンで活躍します。

このモデルはType-C端子に対応したモデルですが、購入する際は自分のスマホの端子に合ったているかを確認して購入しましょう。

 

スマホ一体型 

iRig Mic Cast 2

参考価格:6,578円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

動画配信はスマホ内蔵のマイクでもライブ配信が可能なのですが、

よりよい音質かつ、周りのノイズや音の反響を極力抑えることで視聴者が聴きやすい収録を行うことができます。

iRig Mic Cast 2はスマホ一体型なのでかさばらずに、手軽に利用できるのが良いですね。

 

様々なタイプのマイクを紹介しましたが、仕様する用途によってマイクを選ぶと良いと思います。

据え置き型・・・ナレーション、ゲーム実況、楽器など

ハンドマイク型・・・ボーカル、歌ってみたなど

ピンマイク型・・・レポート、インタビューなど

スマホ一体型・・・ギター、ベース、弾いてみたなど

 

あくまで例ですが、こういった使い方が良いのではないかと思います。

 

マイクについてはこちらの記事も参考にご覧ください。

yamagish.hatenablog.jp

 

照明

照明の主な用途はこの2つに分かれるかと思います。

・配信者を照らす → 配信者の映りを良くする

・部屋の中の照明 → 雰囲気づくり

 

こういった照明を使うことで、生活感溢れる部屋からの配信でも、

まるでスタジオから配信しているような雰囲気を作ることができます。

 

配信者を照らす照明 

IK MULTIMEDIA/iRig Video Creator Bundle

参考価格:14,080円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

スマホ専用のスタンドがセットになった照明が販売されています。

照明があると顔がくっきりと映り、まるでテレビに出演しているような演出ができます。

 

部屋の中の照明

STAGE EVOLUTION/AQUASTAR

参考価格:6,578円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

コンパクトながらグリーン/レッドのレーザーとブルーのLEDを搭載したモデル。

さらにBluetoothスピーカーも内蔵しており、音楽を再生しながら照明エフェクトが楽しめます。

 

こういった照明があるだけでも雰囲気が作れると思います。

特に歌ってみた、弾いてみたなどを配信する方には、まるでステージのような雰囲気を演出できると思います。

 

オーディオインターフェイス

この「オーディオインターフェイス」という言葉自体初めて聞く方もおられるかもしれません。

「オーディオインターフェイス」とは、主に楽器演奏やボーカルを配信したい方向けと言えますが、

直接スマホで楽器や声を拾うと周りの雑音などが混じる場合があります。

それをよりクリアに高音質に配信するための機材です。

 

楽器演奏など以外でも、外部の音源と声を明確に分けたい、音量調節をしたいという方におすすめです。

ゲーム実況などでも使っている方が多いようです。

従来はオーディオインターフェイスというと楽器やマイクをパソコンと繋ぐためのものが主でしたが、

近年はスマホとの接続に特化したオーディオインターフェイスも出てきています。

 

TASCAM/iXZ(iPhoneiPad用)

参考価格:3,608円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

iPhoneiPadの端子に接続するだけで手軽に楽しめます。(変換アダプタが必要な場合があります。)

特にギターを演奏する方はギターのシールドをそのまま差すことができて便利です。

また、マイクについては本格的なコンデンサーマイクの仕様も可能です。

オーディオインターフェイス入門機としておすすめです。

 

YAMAHA/AG03

参考価格:16,500円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

人気のオーディオインターフェイスYAMAHA/AG03。

はじめての方でも簡単に使える操作性ながら、本格的な音声・音楽配信ができると人気です。

一時期は品切れになるなど、ライブ配信の需要とともにさらにその人気が高まっています。

口コミの評価も高く、迷ったならこれを買えば間違いありません!

 

ROLAND/GO:LIVECAST

参考価格:27,478円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

ワンランク上のライブ配信を実現するiOSAndroid用オーディオインターフェイス

スマートフォンに繋ぐだけの簡単接続で、著作権フリーのBGMや効果音を使ったり、タイトル表示やオープニング動画を流すことができます。

他とは違う配信で差をつけたい方におすすめです。

 

各社から様々なタイプのオーディオインターフェイスが出ていますが、おすすめはこの3つです。

いずれもスマホタブレットと簡単に接続ができ、高音質での配信が楽しみです。

 

※注意点として自身のスマホに対応しているかどうかは商品詳細ページでご確認ください。

 

スマホタブレットと相性抜群のオーディオインターフェイスについて記事を書いています。

yamagish.hatenablog.jp

 

ライブ配信セット

ここまで紹介したマイクとオーディオインターフェイスがセットになった「ライブ配信セット」も販売しています。

別々に買うのが面倒だという方はこちらのセット販売を検討してみてください。

 

YAMAHA/AG03配信セット

参考価格:25,800円(税込)

イシバシ楽器で見る

 

ROLAND/GO:LIVECAST配信セット 

参考価格:29,800円(税込)

イシバシ楽器で見る

 

スマホライブ配信する時にあると便利な機材まとめ

・基本的にはスマホのみでも配信できる

スマホ+αの機材を使うことでライブ配信のクオリティがアップ

・おすすめはマイク/照明/オーディオインターフェイス

 

これらの機材でワンランク上のライブ配信を行い、人気コンテンツを作っていきましょう。

 

スマホライブ配信してあなたの生活を楽しく、そしてスマホの先にいる誰かに楽しさを提供できると最高ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【動画見放題サービスのご紹介】

スマホやPCで動画を見るなら圧倒的コンテンツ数のU-NEXTがおすすめです!

月額2,189円(税込)が31日間無料おためし!

思う存分動画を見よう!

 

 \まずは今だけ無料登録がおすすめ/

U-NEXT

動画を見るならU-NEXT

 

yamagish.hatenablog.jp

 

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村