ギターとスマホとSNSと

ギターを始めたい方、久々に弾こうかな?と思っているあなたへスマホやSNSを使っての楽しみ方をお届け!

【エレキギター】予算5万円で買えるギター「レスポール編」【おすすめ】

エレキギターを買う時に、気になることの1つが予算。

この予算でどれくらいのクオリティのものが買えるかが決まります。

 

やはり「予算内でなるべく良いエレキギターを買いたい」と誰しもが思うのではないでしょうか?

 

本ブログでは予算の中でクオリティの高いエレキギターを紹介しますので、

購入する際の参考にしていただけると嬉しいです。

 

f:id:yamagish:20200317101756j:plain

 

エレキギターの予算

エレキギターを買う時の予算について、それぞれの経済事情はあるので一概にいくらとは言えないのですが、

私個人が目安としているのは、

 

初心者(はじめて) 1万円~5万円

中級者(3年~5年) 5万円~10万円

上級者(5年~)    10万円~

 

こういうイメージを持っています。

 

もちろん、初心者の初めてのエレキギターで10万円以上のものを買ったところで、それも良いと思います。

ただし、やはり初めてみてその後続くのか?もしかしたら様々な事情でエレキギターを弾かなくなってしまうかもしれない。(長く弾いて欲しいですが)

そういう方もいるかもしれないので、上記のようなイメージでいます。

 

あとは趣味程度で楽しむのか?プロを目指すのか?それともコレクターになりたいのか?

目的によってもどれだけお金をかけるのかは違ってくると思います。

 

高いエレキギターほど音が良いの?

正直なところ、高いエレキギターは音が良いと思います。

それは希少価値の高い木材を使っていたり、高価なパーツを使っていて、そのエレキギターのポテンシャルを最大限に引き出す仕様になっていることが多いからです。

 

ただし、よく言われるのがプロが1万円のエレキギターを弾いても良い音になる。

という事。

 

これは、ある程度上達してくると、その人の個性が出来てきます。

音づくりもそうだし、指の押さえ方、弾き方などもその人ならではのものがあります。

 

そういった点でやはりプロに限らずに上手い方は10万円のエレキギターでも、1万円のエレキギターでも「それなりの音」を出せるということです。

 

結果から言うと、今の自分の経済状況の中で負担にならない予算で、良いもの、ビビっときたものを買うのがベストだと思います。

 

1万円のエレキギターでも年々製造技術も向上し、クオリティの高いものはあります。

 

レスポールタイプのエレキギター

今回紹介するエレキギターは「レスポール」と呼ばれるタイプのもの。

 

この「レスポール」という名前の由来ですが、ずばり人の名前です。

レス・ポール」さんとギブソン社が共同開発した「レス・ポールモデル」のエレキギターが今や定番となりレスポールという形の呼び名になっています。

 

レスポールの特徴は

・ネック(握る部分)は幅が広め

・本体は丸みを帯びた形状

・音は太く芯のある音

といった特徴があります。

 

ジャンルとしても様々でハードロック・メタルからポップス・ジャズまで様々なギタリストに使用されています。

初めての1本にも、新しく購入する際の1本にもどなたにもおすすめできるエレキギターです。

 

予算5万円のおすすめレスポールモデル

それでは予算5万円のレスポールモデルを見てみましょう。

今回紹介するモデルは全てサウンドハウスさんのサイトに掲載されているものです。

※価格は参考価格です。変更となっている場合もあります。

楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス

バナーをクリックするとサイトへいきます。

 

BURNY RLG-60  2019VCS

参考価格:45,800円(税抜) 

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

レスポールの中でも王道のスタンダードタイプ。

チェリーサンバーストのカラーが非常に綺麗です。

 

5万円以内の価格帯ながらこれだけの風格のあるエレキギターは買いだと思います。

現在、ストラトキャスターテレキャスターを使っていて、2本目のギターが欲しいと思っている方にもおすすめです。

 

BURNY  RLC-60  BLK

参考価格:44,500円(税抜) 

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

続いてはレスポール・カスタムのタイプです。

ブラックボディにゴールドパーツが風格ありますね。

 

この風格はビシっとタキシードを着込んでジャズを弾いてもかっこいい!

それとは正反対に、バンドTシャツを着て低く構えてロックを弾いても似合います。

 

BURNY  RLG-60  VLD

参考価格:45,800円(税抜) 

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

こちらは「レモンバースト」と呼ばれる色が綺麗なタイプ。

「レモンバースト」はサンバーストとまた一味違った味がありますよね。

 

こういう色合いのギターをこの価格帯で探してもなかなか無いと思います。 

ちょっと人とは違うレスポールをお探しの方におすすめです!

ステージ映えも抜群だと思います。

 

BURNY RLG-60P VGT

参考価格:45,800円(税抜) 

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

ピックアップにシングルコイルのP-90タイプを搭載したモデル。

シングルコイルと言えど、レスポールならではの骨太サウンドと相まってオールラウンドに使えると思います。

 

また、眩しいゴールドのカラーもステージでは目立つと思います。

カッティング主体のギタリストが持っていてもカッコイイのではないでしょうか?

 

BURNY  RLC-60JS  BLK

参考価格:45,800円(税込) 

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

かの有名なギタリスト「ジョン・サイクス」をイメージしたモデル。

ブラックボディにクロームパーツがまた一味違った味を醸し出しています。

 

このモデルも何と5万円以内。

ミラーピックガードもカッコイイですよね!

 

Grass Roots G-LS-57 TV Yellow

参考価格:40,800円(税抜) 

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

最後はグラスルーツよりレスポールスペシャルタイプです。

レスポールスペシャルの特徴はシンプルでストレートなサウンド

 

ロック・パンク系のギタリストに愛用されているイメージがあります。

TVイエローのカラーも可愛く、女性にもおすすめできます。

 

今回紹介したレスポールモデルについて 

今回紹介したレスポールもでるは「BURNY(バーニー)」と「Grass Roots(グラスルーツ)」の2ブランドから発売されているものです。

 

この2ブランドとも、非常に歴史があり、信頼できるブランドなので価格と性能のコストパフォーマンスは非常に高いです。

 

BURNY

BURNYはFERNANDES(フェルナンデス)の中での「ギブソン系のコピーモデルを生産するブランド」として発足しました。

現在は「国内向けコピーモデル専門ブランド」として展開しています。

 

 FERNANDESについては以前このブログでも記事を書いています。

yamagish.hatenablog.jp

 

Grass Roots

Grass RootはESPの直系ブランド。

ESPは数々のオーダーメイドギターやアーティストモデル、ハイエンドモデルを製造していますが、

そのノウハウを十分に注ぎ込みながらも、価格は抑えたモデルのブランドです。

 

どちらのブランドもエレキギターの事を調べたときに必ず出てくる老舗のブランド。

そんなブランドで5万円以内のギターはコスパが良いに決まっていると思います。

 

予算5万円のレスポールモデルまとめ

レスポールのタイプもスタンダード、カスタムなど様々なタイプから選べる

・ハイエンドモデルを手掛けているブランドのノウハウを継承

 

今回紹介したレスポールタイプのエレキギターコスパが良くて初心者だけでなく、中級者にもおすすめできます。

これだけの種類から選ぶと、どれが良いか迷ってしまいますよね。

 

エレキギターをネットで見ているだけで非常に楽しい気持ちになるのは私だけでしょうか?

 

ぜひ気になったモデルを見てみてくださいね!

 

【番外編】

もし、2本目のエレキギターを買うなら買取に出して予算を確保するのもおすすめです。

査定をしてみることをオススメします。

 

ブログランキング参加中!

(クリックしていただくと励みになります。)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村