ギターとスマホとSNSと

ギターを始めたい方、久々に弾こうかな?と思っているあなたへスマホやSNSを使っての楽しみ方をお届け!

【厳選6本】初心者おすすめ格安エレキギター!「Squier編」【Fender直系】

初心者おすすめの格安エレキギター、今回はギタリストなら誰でも知っているであろう「Fenderフェンダー)」、

その直系ブランドの「Squier(スクワイヤー)」のギターを紹介します。

 

自信を持って初めてのエレキギターや、セカンドギターとしてもう1本欲しいという需要を満たすラインナップになっています。

それでは早速見てみましょう!

 

初心者おすすめ格安エレキギター「Bucchus編」

yamagish.hatenablog.jp

 

初心者おすすめ格安エレキギターYAMAHA編」

yamagish.hatenablog.jp

 

 

Squierの歴史

スクワイヤーのブランド名は、フェンダー社が1965年に買収した弦メーカーの「V.C.Squier Company」に由来する。

フェンダー社は1970年代末から日本製の高品質かつ安価なコピーモデルとの競合に苦しみ、

1982年に日本の神田商会や富士弦楽器製造(現フジゲン)と提携して

フェンダージャパン」と「スクワイヤー」の2つのブランドを創設した。

 

スクワイヤーは当初、日本国内専売ブランドであったが、やがてフェンダー社はこれをヨーロッパ向けの廉価ブランドとして利用することを考え、最終的にはフェンダー社の廉価ブランドとして全世界に供給されるようになった。

製造国も日本以外に拡大し、これまでにアメリカ、韓国、インドネシア、中国、メキシコ、インドでエクスワイヤーが製造されている。

Wikipediaより

 

Fender直系というだけあって、海外ブランドかと思いきや、その発祥は日本なんですね。

ある意味で国産ブランドと言っても良いかもしれませんね。

 

Squierのシリーズ

Squierはその中でもシリーズ分けされています。

Standard

名前の通り、Squierの中でもスタンダードなモデル

 

Deluxe

Standardシリーズのパーツ変更し、強化したモデル

 

Classic Vibe

Squierの中で最もグレードの高いモデル

 

Vintage Modified

Bulletシリーズに手を加え、強化したモデル

 

CONTEMPORARY

モダンな仕様のギターをコンセプトにしたモデル

 

Bullet/Affinity

コストパフォーマンスの限界に挑んだモデル

 

※Squier紹介ページ

https://shop.fender.com/ja-JP/squier-electric-guitars/

 

今回紹介するのはもちろん「Bullet/Affinityシリーズ」です。

コストパフォーマンスという言葉、大好きです(笑)

 

そして、格安ギターの定義として「販売価格3万円以下」のモデルを紹介したいと思います。

 

BulletシリーズとAffinityシリーズの違い

この2つのシリーズの違いはずばり「ボディに使っている材質」です。

Bulletシリーズは「バスウッド」

Affinityシリーズは「アルダー」

となっています。

 

Fenderのギターによく使われているのは「アルダー」です。

以下に紹介していますが、Affinityシリーズの価格でアルダー材を使用しているのは驚きですし、

より本家のFenderにも負けない音が出ると思います。

 

一方Bulletシリーズもボディ材はコストを抑えるために「バスウッド」を使っていますが、

軽量でクセの無い材質として近年見直されています。

 

Bulletシリーズ3本

Amazon販売価格:20,000円~23,000円前後

 

ストラトキャスター(SSS)

 

ストラトキャスター(HSS)

 

テレキャスター

 

Bulletシリーズとしてはストラトキャスターテレキャスタータイプがあります。

ストラトキャスタータイプはピックアップがシングル(1連)とハムバッカー(2連)のタイプがあります。

よりハードな音楽をやりたい方はハムバッカー搭載の(HSS)を選んだほうがよさそうですね。

 

 Affinityシリーズ3本

Amazon販売価格: 28,000円前後

 

ストラトキャスター

 

 テレキャスター

 

 ジャズマスター

 

Affinityシリーズでも3万円以内で買えるというのは凄いですね!

しかも、人とは違うギターがいい!という方へなのか、ジャスマスタータイプまで用意されています。 

なかなかジャズマスタータイプはこの価格ではありませんからね(中古除く)。

 

なお、このシリーズはカラーも数種類用意されているので、商品ページでそのカラバリを見てみることをおすすめします。

 

サウンドハウスでも購入できます。

サウンドハウス

 

まとめ

さすがFender直系ブランド!といったラインナップ。

正直、どの1本を選んでも損はしない作りと価格だと思います。

 

Squierシリーズは今回調べてみて、他のモデルも非常に興味深く、

パーツを強化したVintage Modifiedモデルなどは1度弾いてみたいと思いました。

 

今回紹介したモデルも、ネットで見ているだけでも迷うくらい魅力的なギターです。

ぜひ初めての1本や、セカンドギターとして検討してみてください!

 

 

今回紹介したギターまとめ

 <Squier Blletシリーズ>

 

<Squier Affinityシリーズ>

 

 

このブログを読んで、良かったと思ったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

楽天市場にも楽器・周辺機器が充実しています。

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中