ギターとスマホとSNSと

ギターを始めたい方、久々に弾こうかな?と思っているあなたへスマホやSNSを使っての楽しみ方をお届け!

【予算10万円】Fenderのエレキギターがおすすめ

ギターがある程度弾けるようになってくると、自宅でもライブでもメインとなるようなギターが欲しくなるもの。

そんな方に向けて充分メインギターとして活躍できる予算10万円前後のおすすめモデルを紹介します。

 

今回はFenderフェンダー)の中でおすすめのエレキギターです。

 

Fenderエレキギターはギター歴に関わらず「長く使えるギター」をお探しの方にはピッタリなモデルばかり。

ぜひ最後まで楽しんで見ていただけると嬉しいです。

 

f:id:yamagish:20200421150300j:plain

 

Fenderについて

エレキギターの代名詞であるFenderフェンダー)はアメリカ、カリフォルニア州にてレオ・フェンダー氏によって設立されたブランド。

テレキャスターストラトキャスターなど定番モデルを世に生み出しています。

Fenderのギターはギター初心者からプロミュージシャンまで多くのギタリストに愛用されています。

 

ひとくちにFenderと言っても様々なラインナップがあり、その一部を紹介すると

・比較的安価にFenderを手に入れることができる「Playerシリーズ」

・日本製Fenderとして抜群の安定感を誇る「Made in Japanシリーズ」

・本家アメリカ製の「American Performerシリーズ」「American Professionalシリーズ」

が主なラインナップです。

 

また、Fender直系のブランドで「Squier(スクワイヤー)」というブランドもあり、

2万円台~5万円台の初心者おすすめモデルを発売しています。

 

Fender/Squierの主なラインナップをまとめた記事はこちら

note.com

 

ギターの価格についての知識

ギターには比較的安いものから、ビックリするような値段のものまでがあります。

では一体価格の違いは何なのでしょうか?

 

主な価格の違いを説明します。

 

①木材

使用している木材によりかかるコストが変わります。

手に入れやすい木材であればコストが低くなりますし、希少価値の高い木材であればそれだけコストがかかります。

 

比較的安いモデルに使用されるの木材は「バスウッド」、一般的なギターに使用されるのは「アルダー」「マホガニー」「アッシュ」などです。

それぞれにより音の違いもあります。

 

②塗装

ギターには様々な色の塗装がされていますが、その塗装の種類も価格に影響します。

 

【ポリウレタン塗装】

量産モデルに多いのが「ポリウレタン塗装」です。

硬度が高く、傷に強い塗装です。また、湿度や温度にも強いので扱いが簡単です。

デメリットは落とすと塗装が割れてしまう可能性があるところです。

 

【ラッカー塗装】

一方、ある程度の値段がするギターに多いのが「ラッカー塗装」です。

デリケートで扱いが難しいとされ、塗装後も経年変化が見られます。

この経年変化が「味のあるギター」「ビンテージ」の良いところという意見もあります。

本来のギターの鳴りを引き出せる塗装だと言われており、塗装の手間もかかるためコストがかかります。

 

このように塗装の種類も価格に影響します。

 

③製造工程

ギターは製造する場所やその手法が異なります。

製造場所としては人件費の安い場所で大量生産したものはコストが安くすみますし、

人件費の高い工場で丁寧に作られたものがコストがかかります。

 

また、ハンドメイドで1本1本作られているギターもあり、こういったギターは高価になる場合が多いです。

 

以上、主な価格の違いに影響する3つのポイントを解説しました。

ただし、高いギター=良いギターということではなく、その人それぞれで「好みの音」「弾きやすさ」などを重視して選ぶのが長く付き合えるギターの探し方です。

 

今回紹介する10万円前後のモデルはこういった点においても安心して使えるモデルです。

なので自宅やライブでも活躍する一生もののギターとして活躍してくれるでしょう。

 

それではここからFenderが発売しているおすすめギターを紹介していきます。

※参考価格は2021年2月5日時点の価格です。変更となる場合もあります。

 

ストラトキャスター

Player Stratcaster MN

参考価格:64,680円(税込)~69,800円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

イシバシ楽器で見る

伝統的なデザインとサウンドを踏襲しながらも、現代の様々なプレイヤーから求められているスペックを随所に取り入れているモデル。

9.5インチR指板とミディアムジャンボサイズの22フレット、モダンCシェイプネックで快適な演奏性を実現しています。

お求めやすい価格ながらFender本家ならではのサウンドを実現しています。

 

Made in Japan Hybrid '60s Stratcaster

参考価格:94,800円(税込)~96,580円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

イシバシ楽器で見る

日本製ならではの精巧な作りと安定したクオリティ・パフォーマンスの高さはそのままに、様々な演奏性に対応できるモデル。

ピックアップはヴィンテージを追求したUSA仕様で、アーミングを多用する方にも嬉しい2点支持トレモロとロック式ペグの組み合わせでチューニングの安定感も抜群。

サラサラな手触りのサテン・フィニッシュのネックを採用。

 

American Performer Stratcaster

参考価格:120,780円(税込)~129,800円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

イシバシ楽器で見る

少し予算オーバーになりますが、本場アメリカ製のモデルも紹介します。

Yosemite(TM)ピックアップを搭載し、高出力かつフィードバックを抑制しダイナミックなサウンドを奏でます。

また、トーンを絞った際に低域も同時にアッテネートするGreasebucket(TM)トーンサーキットを搭載し、音の濁りを防ぎます。

さらに全てのスイッチポジションでフロントピックアップを有効にするプッシュ/プルコントロールを装備し、トーンの幅を広げます。



Player Series Stratocaster Demo | Fender

 

テレキャスター

 Player Telecaster PF

参考価格:66,800円(税込)~76,230円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

イシバシ楽器で見る

Playerシリーズのテレキャスター

9.5インチR指板とミディアムジャンボサイズの22フレット、モダンCシェイプネックで快適な演奏性を実現。

オクターブ調整がおこないやすい6wayサドルや、アルニコ5マグネットピックアップを採用。

お求めやすい本家テレキャスターです。

 

Made in Japan Hybrid '60s Telecaster

参考価格:96,000円(税込)~113,850円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

イシバシ楽器で見る

日本製のモデル。

ピックアップはヴィンテージを追求したUSA仕様で、4wayセレクターによって直列接続まで可能。

ロッキング・チューナー仕様で、スムーズなポジション・チェンジが行えるサテン・フィニッシュのネックや

ハイポジションまで音詰まりがおこりにくい250ミリR指板、ミディアムジャンボフレットに定評があります。

 

Made in Japan Hybrid Telecaster Deluxe

参考価格:109,800円(税込)~129,580円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

イシバシ楽器で見る

フェンダーの定番モデルのルックスにモダンなスペックが調和したモデル。

定評あるアルダーボディにピックアップデザイナーの巨匠Tim Shawが設計したShawbuckerハムバッカーを搭載。

スムースなサテン・フィニッシュのネック、ヴィンテージロッキングチューナー、9.5ラジアスのミディアムジャンボフレットがオールマイティなプレイヤビリティを提供します。

 


Player Series Telecaster Demo | Fender

 

ジャズマスター

Player Jazzmaster PF

参考価格:75,680円(税込)~76,230円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

イシバシ楽器で見る

ファットなサウンドを聴かせ、エレガントでなめらかなスタイルを持つPlayer Jazzmaster。

本格的なフェンダートーンを持ち、どんなタイプの音楽にもマッチします。

人とは違う、個性的なギターを探している方におすすめです。

 

Made in Japan Hybrid Jazzmaster 

参考価格:94,380円(税込)~97,800円(税込)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

イシバシ楽器で見る

日本製ならではの精巧な作りと安定したクオリティ・コストパフォーマンスの高さはそのままに、様々なスタイルに適応できる現代的な演奏性を実現。

ピックアップは色気あるサウンドを奏でてくれるUSA仕様で、チューニングが安定しやすいロック式ペグを採用。

スムースなポジション・チェンジがおこなえるサテン・フィニッシュのネックや、ハイポジションまで音詰まりが起こりにくい250ミリR指板、ミディアムジャンボフレットを採用しています。

 

【予算10万円】Fenderエレキギターまとめ

今回、10万円前後のFenderおすすめエレキギターを紹介しました。

どれも本格的なFenderサウンドを手に入れることのできるモデルばかり。

 

私自身も長年Fenderユーザーですが、Fenderの10万円前後のモデルは作りが丁寧でしかも壊れにくい。

安定したサウンド、そして飽きのこないデザインが魅力的です。

 

どのギターも様々な音楽性に対応できるので、どのギターを買おうかな?と迷っている方にもおすすめです。

きっとあなたの相棒として長い間活躍してくれるでしょう。

 

あなたもFenderエレキギターを手にして音楽生活を満喫してくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【おすすめギター】

ギター歴20年以上の私が厳選した予算別のおすすめギターです。

ギターの購入を考えている方はぜひご覧ください。

 

■初心者の1本目におすすめ!予算3万円。

note.com

 

■中級者~のセカンドギターにもおすすめ!予算5万円。

note.com

 

【初心者おすすめ!ギター/ベースのオンラインレッスン】

スマホタブレット、パソコンから好きな時間に受講できるオンラインレッスンがおすすめです。

未経験、初心者の方はレッスンを受けることで上達スピードがアップ!

ペースは月2回~4回、料金も1回あたり3,200円~3,800円。

 

 \無料お試しレッスン実施中!/ 

あなたの「弾きたい」を徹底サポート!手軽で、お得で安心なオンラインギターレッスン!THE POCKET

 

ギター/ベースのオンラインレッスンについてより詳しく知りたい方はこちら

yamagish.hatenablog.jp

 

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村