ギターとスマホとSNSと

ギターを始めたい方、久々に弾こうかな?と思っているあなたへスマホやSNSを使っての楽しみ方をお届け!

【予算5万円】国産ブランドTOKAIのエレキギターがおすすめ【おまけあり】

今回は私が大好きな国産ブランドのおすすめエレキギターを紹介します。

近年、国産ブランドのエレキギターが注目されており、そのクオリティも素晴らしいので、ぜひ楽しんで読んでいただけると嬉しいです。

 

【予算5万円おすすめギターまとめ】

note.com

 

f:id:yamagish:20200421150300j:plain

 

TOKAIについて

TOKAI(トーカイ)は静岡県に本社のある楽器メーカー「東海楽器製造株式会社」の自社ブランド。

その歴史は1947年に遡ります。

公式ホームページ:http://www1.odn.ne.jp/tokaigakki/index.html

 

1947年に静岡県浜松市にピアノとハーモニカの研究開発を目的として「東海楽器研究所」が設立されました。

1965年にはクラシックギターの生産、販売を開始し、1968年にはエレキギターの生産、販売を開始しています。

「TOKAI」ブランドとなったのは1977年。

 

私の青春時代に聴いていたGLAYのHISASHIさんがTOKAIの名器「Talbo(タルボ)」を使用し、一躍注目の的になりました。

 

そんな歴史あるTOKAIの中で初心者の1本目やセカンドギターとしておすすめできる予算5万円いないのモデルを紹介します。

 

今回もサウンドハウスで販売されているモデルを紹介します。

サウンドハウス

 

※2020年8月3日時点の価格です。変更となっている場合があります。

 

AST52MRCJ

参考価格:37,800円(税抜)

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

 オーソドックスなストラトキャスタータイプ。

シングルピックアップ×3と1ボリューム、2トーンの標準的な装備でどんな音楽ジャンルにもマッチします。

 

ボディはこの価格でアルダーを仕様しており、Fenderストラトキャスターは高いけど、より本格的なモデルが欲しいという方におすすめできます!

 

SG58BB

参考価格:42,800円(税抜)

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

SGタイプのモデル。

TOKAIはレスポールやSGなどいわゆるギブソン系のモデルも多く販売しており、そのサウンドにも定評があります。

 

上位モデルで培ったそのノウハウが詰め込まれており、価格以上のサウンドが期待できます。

各パーツにもこだわっており、SGモデルをお探しの方に強くおすすめします!

 

SG58CH

参考価格:42,800円

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

 SGモデルの別カラー。

人気のチェリーです。

 

各パーツ1つ1つとっても本家ギブソンに引けを取らない作り。

セカンドギターで欲しい!というギタリストも多いはずです。

 

【おまけ】さらに!ちょっと予算オーバーしちゃうけど良いモデルがあります。

予算5万円以内ということで3つのモデルを紹介しましたが、どうしてもおすすめしたい、でもちょっとだけ予算オーバーしちゃうというモデルがあったので紹介します。

 

少し予算に余裕のある方はぜひ検討してみてください。

 

LG68QSBL

参考価格:50,800円(税抜)

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

LG68QVF

参考価格:50,800円

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

 一見するとポールリードスミスのようなシェイプをもつLGシリーズ。

少し予算5万円をオーバーしますが、2ハムの仕様やウィルキンソン製のブリッジなどそのパーツにもこだわった1本です。

 

ボディカラーもステージ映えしますし、ポップス系からラウド系まで幅広い音楽に対応できるギターだと思います。

これは非常にお買い得!

 

【予算5万円】TOKAIエレキギターまとめ

今回、予算5万円以内のエレキギターを3本、少し予算オーバーしますがおすすめモデルを2本紹介しました。

海外製が悪いというイメージは全く無いのですが、国産ブランドということで、日本でその技術を培ってきたブランドは応援したくなります。

 

日本のブランドは世界中からも注目されており、その丁寧な作りはまさに本物です。

 

TOKAIのギターを手に練習にライブに楽しい音楽生活を送りましょう!

 

 

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村