ギターとスマホとSNSと

ギターを始めたい方、久々に弾こうかな?と思っているあなたへスマホやSNSを使っての楽しみ方をお届け!

【ファン必見!】Ken Yokoyamaプロデュース商品が凄い!ギター・周辺機器が充実!【ハイスタ】

ギター弾いてますか?音楽聴いてますか?ロックしてますか?

今回は”日本のパンクロックヒーロー”Hi Standardの横山健さんのプロデュース商品を紹介します。

 

横山健さんついて

1969年10月1日生まれ。東京都出身。

Hi-Standardのギター&コーラス。

Ken Yokoyama(Ken Band)のボーカル&ギター

PIZZA OF DEATH RECORDS代表取締役社長。

 https://kenyokoyama.com/

 

プロデュース商品

Woodsticks

Woodsticksは横山健さんと、幼馴染の仁科晴雄さんにより立ち上げられたブランド。

ギター、スケートボード、アパレルを展開している。

https://www.woodstics.jp/

 

Woodsticksのギターを紹介します。

 

WS-LP-STD/B 

 

レスポールタイプのギター。

ピグスビーアームがついているところや、そのカラーにこだわりが詰まっています。

 

 WS-SG-STD/B

こちらはSGタイプのギター。3PU、ピグスビーアーム使用。

 

いずれも「Woodsticks」のロゴとマークが刻印されています。

この「Woodsticks Guitars」はESPの「横山健プロデュース/監修」ブランドという位置づけです。

 

GRETCH(グレッチ)

横山健さんは近年、「箱モノ」と呼ばれる、ギターの中が一部空洞になっているギターを使うようになりました。

その影響でGRETCH(グレッチ)から横山健プロデュース商品が発売される運びに。

 

GRETCHから日本人アーティストのモデルが出ることも珍しいですし、さらにそれが横山健さんだということで、

楽器業界では非常に話題になりました。

 

G6134-KWP KDFSR 「kenny Wild Penguin」

 

グレッチのいわゆるペンギンモデル(ホワイト・ペンギンなど)のギターは、ペンギンのイラストが描かれているのですが、このギターのペンギンはモヒカン仕様の「ワイルドペンギン」になっています(笑)

 

ピック

横山健さんと言えば唐草模様。

 

別パターンもあります。

 

Solid Bond

2019年から立ち上げられた新たなブランド。

ブランドの立ち上げには横山健さんが関わっており、横山健モデルのギターアクセサリーを発売している。

ブランド名を命名したのも横山健さん。

https://solidbondguitar.jp/

 

Ken Yokoyama Signature Guitar Cable

 

なんとギターケーブルまでプロデュースしています。

おなじみ唐草模様が刻印されたケーブル。めちゃくちゃ良いデザインです!

 

最後に・・・

今回紹介した、ギター、シールド、ピック。

ファンであれば全て揃えたいところ!

 

ただし予算が・・・

という方はピックや、シールドなど買いやすいところから揃えていき、「横山健さんと同じものを使っている」という優越感に浸りましょう(笑)

 

これだけの商品をプロデュースする能力が凄いとともに、横山健さんのギター愛が非常に感じられます。

ギターが好きで好きでたまらないんだろうなぁ。

 

横山健さんのギターに勇気づけられ、ギターを弾くのが楽しくなった「キッズ」は数多いと思います。

これからも永遠のパンクロックヒーローでいて欲しいですね!

 


Ken Yokoyama -Let The Beat Carry On(OFFICIAL VIDEO)

 

 

今回紹介した商品はコチラで買えます。

サウンドハウス

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村