ギターとスマホとSNSと

ギターを始めたい方、久々に弾こうかな?と思っているあなたへスマホやSNSを使っての楽しみ方をお届け!

なんでもできる

今まで仕事というものは、学生、フリーター時代のアルバイトと、社会人になってからの会社。

 

今の仕事が続いているのも、アルバイトで学んだ経験と、そこで出会った人たちから学んだことが大きい。

 

18歳の頃、田舎から出てきた何も知らない私が初めて働いてお金をもらったのが飲食店でのアルバイト。

それも、まさかの接客。

希望していたのは、キッチンだったのだが、

採用されたのはホールでの接客。

 

最初は何も分からず、失敗だらけの日々。

それでも根気強く教えていただき、最終的にはホールを1人で任されるくらいにはなれた。

あの頃は何もわからず、ぶつぶつ文句を言ってた自分を一喝してくれた店長。

 

いまだにその場面は覚えてるし、それがあるから私の考え方も変わったのだと思う。

愛情のある叱りは、人を成長させるのだと思った。

 

 

フリーター時代には、スーパーの生活用品のバイトもした。

レジ打ちから、品出しまで。

 

その頃は周りの人に本当に恵まれていた。

だから、私はいまだに地方のスーパーが好きだ。

イオン系もだが、小さな地元のスーパーに行くと色々思い出してワクワクする。

 

そのスーパーのアルバイトをしていて、実家へ帰るから辞めるとなったとき、送別会を開いていただいた。

大々的なものではなく、男性社員さんと5、6人で立ち飲み屋へ。

 

その別れ際、電車に乗る時、当時のマネージャーにかけられた言葉。

 

 

『キミなら、どんな仕事でもできる!何やってもうまくいくよ!』

 

 

最強のコトバをいただいた。

 

この最強のコトバは今も私の仕事に向かう姿勢の後押しをしてくれている。

 

私は、いまだ1社のみでの勤務だが、

今後何かチャレンジする機会があってもこの最強のコトバでどんどんチャレンジできるだろう。

 

そして、自分もいい歳になって、部下を持つようになってきた。

部下に対して、そんな最強のコトバをプレゼントできるマネージャーになりたい。

 

それには、自分自身の日々が薄っぺらくならないように。

同じコトバでも、薄っぺらい人間から言われれば、薄っぺらいコトバになる。

 

日々、自分を律し、結果を出すことで、最強のコトバをかけれるマネージャーになるのだと思う。

 

よし!やるぞ!

今日もフルパワーで最強で最高になる!!