ギターとスマホとSNSと

ギターを始めたい方、久々に弾こうかな?と思っているあなたへスマホやSNSを使っての楽しみ方をお届け!

バンドマンというこだわり

自分はプロフィールにもあるように、ギターを弾いてます。

ざっと振り返ると、

 

中学2年 ギターを買う。

中学3年 初ライブ(X JAPANコピーバンド

高校1~3年 バンドを組み、ライブをする。コピーしたのはGLAY、布袋さん、イエモン、B'z、ブルーハーツなど。

バンドブームというか、いわゆる「ビジュアル世代」

 

大学時代 関西の大学でオリジナル曲を作ってバンド活動。

月1回のライブのために生きる。

(いわゆるバンド人生で今までで一番濃かった時代)

 

大学卒業後に、フリーターを経て、実家の石川県へ帰郷。

仕事の傍らギターを弾き、ほんとにたまーにライブをする日々。

 

超コンパクトにまとめるとそんな感じ。

私の世代でバンドをかじったことのある方ならわかってもらえると思うが、

当時のバンドキッズたちがこぞって読んだ本は「バンドやろうぜ」と「GIGS」だったと思う。

(メンバー募集も紙面でやってた時代。ヤンキー×(笑))

 

特に愛読書だった「バンドやろうぜ」で好きだったのは、インタビューコーナー。

好きなギタリストが影響を受けたCDを紹介したり、学生時代のエピソードを話すのを読んで、

「いつか自分もこうやってインタビューされるんだろうな」と

勝手な思い込みで、バンド活動の傍ら、インタビューに備える日々が今日まで続く。(笑)

 

今はSNSなので自己発信できる時代。

そして、紙面よりも動画がキテる時代。

 

・・・インタビュー動画作ろうかな。自分自身の。

誰かインタビューして(笑)

 

そうそう、自己発信の時代。

黙っておとなしくしてちゃ、そのまま終わるぜ。

 

そうだ!発信するんだ!

なぜか今日の朝目覚めてそんな事を思った。

 

なので、インスタかYouTubeでギター配信を久々にやってみようと思う。

どんなのが良いかふわっとしてるが、なんとなくイメージはできる。

思いついたらやってみよう!

 

いつもこのブログはタイトルを先に決めて書き出すのだが、

タイトルから内容が脱線することもしばしば。今回もそうだな。

 

私の好きなギタリストはthee michelle gun elephantのギタリスト。アベフトシさんだ。

アベフトシさんは若くしてお亡くなりになられたが、多大な影響を受けた。

大学時代やっていた私のギタースタイルはアベフトシさんの影響が丸わかりのカッティングスタイル。

マシンガンカッティングを勝手に自分の武器にしていた。

 

アベフトシさんはもちろんギタリストとして素晴らしい方であったが、

ギタリストと呼ぶより、”バンドマン”と呼ぶのにしっくりくる方だと思う。

 

生き方が”バンドマン”なのだ。

ものすごくカッコイイ。

 

私も今やサラリーマンの身だが、やはり心のどこかに”ギタリスト””バンドマン”なのだという気持ちも

くすぶっている。

 

別にどっちを優先だとか、そんな事は考えるのも無駄なのだが、

いつか死ぬときに後悔の無いよう、バンドマンになって死ねるよう、今は目の前の仕事を必死にこなし、

そして、休みの日は家族と過ごす。

少しの空いた時間に鬼のようなバンドマンの表情を見せる。

 

そんな人生を送るのも良いし、

自分自身に課せられた役割を一生懸命やることで、色んなこともうまく回るんだと思う。

 

必死すぎて追い詰められる人もいるが、ほどほどにの精神も忘れず。

 

なんか理想ばかりになったが、私がサラリーマンだろうと、ギタリストだろうと、バンドマンだろうと忘れないようにしたいのが

・感謝

・謙虚

の気持ちだ。

 

それはコトバにして伝えるのももちろんだが、常に心の中にも刻んでおきたい。